そもそもドラムって何?

そもそもドラムって何?

ドラムとは、日本名では太鼓と分類される動物の皮などで作った薄膜を胴に張って、膜をたたく事で音を出す楽器。
今日では、プラスチック製のフィルム(膜)を使用するものが主流。

 

ドラム(太鼓)の歴史
古代よりドラムは、時を音で知らせる道具として、身近な存在だった。
祭り、芸能では人々の心を高揚させるため、宗教的にも儀式などで使用された他、戦地では兵士の闘争心を煽る道具としても利用されてきた。

 

フィルムの種類
・表面がツルツルと滑らかな“クリアヘッド”。
・ざらざらとした質感を持たせる為の表面加工をした“コーティングヘッド”。
“コーティングヘッド”は、ジャズなどのワイヤーブラシでのプレイで摺動音を出す為に用いる。

 

胴(シェル)の材質
ウッド(木材)、金属、ファイバーグラス、アクリル、カーボンと様々。
ウッドについてもメイプル、バーチ、マホガニーなど様々な木材が使用される。
胴(シェル)の材質によっても音の出方が明らかに違い、厚みによって音量、音圧の上下がある。
アクリル、ファイバーグラスなどは、アタック音が強調されるためにハードロック系のドラマーに好まれる。

 

ドラムセット
大小様々なドラムやシンバルといった打楽器を一人の演奏者が椅子に腰かけて演奏可能な様に配置したもの。
演奏者はドラマー、ドラムスと呼ばれる。
どんな音楽ジャンルにも登場する“ドラム”。
好みは様々だが、ドラムの選択については、溢れる情報に頼らず、必ず自分の耳で音を聞いて選択したい。

関連ページ

ドラムの種類って?
ドラムは難しい、ハードルが高い…そう思っているあなたにおすすめ! 初心者でも安心!ドラムの練習法や種類について学んで、今日からあなたもドラマーデビュー!
電子ドラムって?
ドラムは難しい、ハードルが高い…そう思っているあなたにおすすめ! 初心者でも安心!ドラムの練習法や種類について学んで、今日からあなたもドラマーデビュー!